躁鬱病の症状が出てきたら病院に行って治療を受けよう

躁鬱病完治ガイド

原因について知る

恐れる女性

何故なるのか

発症すると気持ちが安定せず、突拍子もないことをしだすことが多くなる躁鬱病。とても辛い症状ではあるのですが、現代では病院に行けば治療することができるので、ずっと躁鬱病に悩まされるということはありません。そのため、快適な生活をおくることができるようになるのですが、ちゃんと躁鬱病を改善したとしても、発症の原因となる生活を送っていては、また躁鬱病の症状がでてくる可能性が高くなります。躁鬱病の症状を出さないためにも、発症の原因を知っておくことで再度発症することを防ぐことができるので、原因について知っておく必要があります。そこで、発症の原因について説明していきます。

ストレスを溜めている

様々な病気を発症する原因といわれているのが「ストレス」です。ストレスが溜まっていることで、胃が荒れているといった症状によって現れる「胃潰瘍」という病気が発症してしまう、というのは有名な話でしょう。しかし、ストレスによって躁鬱病も発症してしまうことがあるので、自分の好きなことをしてストレスを溜めないようにしましょう。

鬱を発症している

すでに鬱病を発症している場合、治療をせずにそのまま放置してしまうと躁鬱病を発症してしまう可能性が高くなります。そのため、鬱病の症状である「何もやる気が起きない」、「マイナスな思考しか考えらない」といったものがでてきた場合は鬱病を疑い、病院に行って診てもらいましょう。

躁鬱病とはどんな病気か

躁鬱病とは現在では双極性障害とも呼ばれ、気分が高揚する状態(躁状態)と気分が落ち込む状態(鬱状態)を繰り返す病気です。その症状はというと、躁の時は落ち着きがなくなる、やたら外出する、誰構わず話しまくる、睡眠をとらなくなる、怒りっぽくなる、よく食べるなどです。逆に鬱の時は疲れやすい、起きるのが辛い、やる気が起きない、自信が持てない、集中できない、死にたくなるといった症状が出ます。躁状態と鬱状態が異常とわかるレベルで起こり、これを一定期間交互に繰り返すのです。原因はまだ解明されてはいませんが、遺伝子的要素が関係しているようです。また躁鬱病になりやすい体質や性格の人が何らかのストレスをうけて発病してしまうことがあると言われています。

どういう治療をするのか

症状が現れて、躁鬱病の発病が疑われたらどう治療すればよいのでしょうか。まずは診断してもらうところから始まります。実は躁鬱病は診断が難しい病気と言われています。なぜなら最初は鬱の症状が現れる人が多く、「鬱病」と診断されてしまうからです。後に躁の症状が現れて初めて躁鬱病が疑われるのですが、躁状態になるまで数か月、人によっては数年かかるので早い段階での診断ができないのです。躁鬱病と診断されると治療が始まるのですが、何種類かの治療を並行して行っていきます。基本は薬物療法です。気分安定剤や抗精神病薬が中心となります。並行して心理社会的治療を行います。カウンセリングによって患者が自らの病気のことを学び受け入れることを目指します。同時に家族にも躁鬱病に対する理解を深めてもらい、病気に立ち向かえるようにします。躁鬱病は早く治療を開始するほど症状をコントロールできる病気です。大事なのは、病気を自覚し早めに病院に行くことなのです。

↑ PAGE TOP