躁鬱病の症状が出てきたら病院に行って治療を受けよう

躁鬱病完治ガイド

どのようなことが

悩む女性

性格が変わる

「鬱病」とは、気分が沈みがちになってしまうだけではなく、やる気もなくなってしまう病気です。全国的にも発症している人が多いだけではなく、発症している自覚をしていない人が多くいるといわれています。その鬱病の種類に「躁鬱病」があります。躁鬱病とは、鬱病とは異なり気分が落ち込んでしまったり、高騰してしまったりを繰り返す病気です。そのため、気分の浮き沈みが激しくなってきたときは念のために病院に行って治療を受けた方がいいのですが、気分の浮き沈みだけでは判断ができない、という人が多いでしょう。躁鬱病の症状は他にもあるので、その症状について説明します。

じっとできない

いつもは大人しくて無口であるにも関わらず、ある時期になるとお喋りになってしまう、といったこの症状。周りから「性格が変わったようだね」といわれる事が多くなるのですが、このようにお喋りになってしまう症状というのは、躁の症状によって気持ちが高騰している状態であると考えられます。そのため、性格について何か周りからいわれたら、躁鬱病を発症している確率が高いといわれています。

躁鬱病の原因と発症のきっかけ

何か物事をしているとき、じっとすることができず動いてしまうことがあります。このような状態というのは、躁鬱状態の「躁」が働きかけていて、集中力が途切れているからだと考えられます。そのため、じっとすることができなくなってきたなと思ったら、一度病院に行って診察を受けてみましょう。

正しく治療しないと、リスクがあります

「鬱」という言葉は私たちにとって身なものとなっていますが、躁鬱病とはどんな症状のことなのかご存知でしょうか。 躁鬱病の症状は鬱と見分けが付きにくいと言われていますが、その大きな特徴は、躁状態と鬱状態を繰り返すことにあります。 躁のときの症状が軽いと、本人も周囲も鬱が良くなったのでは、とか、元気そう、などと思ってしまいがちですが、躁鬱の波が繰り返し患者を襲い、長期的に見ればより不安定な状態です。 その原因は、遺伝子の関与や育った環境や周囲から受けるストレスなどの環境的要因などが主なもののようです。 こういった危険因子があったうえで、過度のストレスや生活環境の変化などがきっかけになって発症するのでは、と言われています。

躁鬱病では、躁状態の時にその症状のひとつとして行動的になったり、感情的に人に接したりしてしまう傾向が強いため、本人は無自覚に周囲に迷惑をかけ、そのことによって人間関係に破綻をきたしたり、社会的にもつらい立場になることがあります。 そういったことも原因となり、躁鬱病は精神障害の中でも自殺率が高い疾病です。 躁から鬱に転じたタイミングにリスクが高いと言われていますが、これは躁の時の自分の行動をふりかえって自責の念にかられてしまうからとも言われています。 また、躁と鬱が同時期に入り交じる混合状態はさらに不安定で、危険な状態です。 躁鬱病は、鬱よりも治療が難しいとされていますが、正しく治療し、周囲のサポートも得られれば、回復することも可能です。 早めに正しく治療し、本来の自分を取り戻し、安定した社会生活に復帰することを目指しましょう。

原因について知る

自分が自覚していなくても、その症状が現れていることがある躁鬱病。発症する原因について知っておけば発症を防ぐことができるだけではなく、少しずつ症状を改善することができるので、原因について説明します。

詳細を読む

病院の選び方

躁鬱病の症状を早く改善したいのであれば、病院選びが大事になってきます。しかし、どこを見て選べばいいのかわからない、という人が多いものです。病院の選び方について説明していきます。

詳細を読む

薬による治療法

躁鬱病の治療法のひとつとして、薬を飲む方法があります。薬によって、様々な症状が改善されます。また、薬の種類によって効果は異なります。そこで、薬がもたらしてくれる効果について説明します。

詳細を読む

↑ PAGE TOP